眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

更新日:

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

今は、男性でも女性でも眉毛を脱色する方はたくさんいます。

あなたも一度は挑戦したことがあるでしょうか?

もしくは、これから初めて眉毛脱色をしてみようと思っている状態でしょうか?

どちらにせよ、眉毛を脱色すると眉毛が明るくなり顔の印象もあか抜けることができます。

自眉よりも、今ドキ眉毛になり、モデルや女優のような眉毛になれるのです。

ですが、眉毛脱色で失敗する方があとを絶ちません。

なぜ、失敗してしまうのでしょうか?

それは、正しい眉毛の脱色方法を知らないまま独学で眉毛脱色を行ってしまうからです。

一度失敗してしまうと、新しい眉毛が生え揃うまで時間がかかってしまいます。

取り返しがつかないのです。

ですので、今回の記事では、失敗しない眉毛脱色のコツについてお話していきます。

正しい方法を知り、あか抜けたモデルのような透明眉毛を手に入れてくださいね!

 

モデルも愛用!眉毛を脱色(ブリーチ)する3つのおすすめアイテム

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

眉毛を脱色するためには、まず脱色剤を購入する必要があります。

ですが、脱色剤の種類は無限にあり、どの脱色剤を選べばよいか分からない方も多いでしょう。

ここでは、モデルも愛用している眉毛脱色のおすすめ市販品をご紹介していきます。

①モデルも愛用!アメリカ製のジョレン

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

こちらのジョレンは、アメリカ製でモデルや芸能人が愛用していることで有名です。

このジョレンは、脱色までの時間が短いことや肌に優しいことが人気の理由です。

また、濃い眉毛の方でもしっかり脱色することができるため、元の眉毛が濃い方におすすめです。

スポンサーリンク

ただ、このジョレンは、少し価格が高めで中国製や韓国製の質の低いニセモノが多く出回っているため注意が必要です。

購入方法は、アメリカから取り寄せる形になりますので、ドラックストアなどの身近な店舗で手に入れにくい脱色剤でもあります。(アマゾンなどのネット通販で購入することができます。)

②安心の日本製!敏感肌でも使えるエピラット

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

こちらのエピラットは、ドラックストアなどで手軽に購入できる脱色剤です。

購入しやすい価格で効果が長持ちするメリットがあります。

また、エピラットは、敏感肌用が販売されており肌に優しい脱色剤です。

ただ、ジョレンよりも脱色に時間がかかり色が落ちにくいデメリットがあります。

他のデメリットとしては、エピラットの通常版は、脱色時の刺激が強いと言われており眉毛が痛くなったという口コミがあります。

ですので、敏感肌の方は、エピラットの敏感肌用の使用をおすすめします。

 

肌が荒れてしまうことも。オキシドール脱色はNG!

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

脱色と言うと、オキシドール脱色が頭に浮かぶ方も多いですよね?

ですが、オキシドール脱色はおすすめできません。

なぜなら、オキシドールは専用の脱色剤に比べ肌を保護する成分が入っておらず肌への負担が非常に大きいからです。

眉毛付近の肌は、他の肌に比べ刺激に弱いと言われています。

そのため、皮膚を傷めてしまい、人によっては肌がただれて痛くなるケースも出てくるのです。

スポンサーリンク

また、オキシドールは液体のため眉毛に塗りにくいというデメリットもあります。

塗りにくい=色ムラができてしまい、綺麗な脱色に繋がりません。

他にも、オキシドールは専用の脱色剤に比べ色が抜けにくいとも言われています。

以上のことから、オキシドール脱色はおすすめできないのです。

 

簡単に透明眉に!失敗しない眉毛脱色7つのコツとは?

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

①ヴァセリンで眉毛付近の皮膚を保護しよう

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

目の周りや眉毛付近の皮膚は、とても弱いと言わています。

そのため、脱色剤などがついてしまうと、ただれてしまい痛くなることがあります。

では、ただれや痛みを予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、脱色をする前に肌荒れ防止用のクリームを塗るのです。

具体的には、ヴァセリンがおすすめです。

眉毛の周りの皮膚にヴァセリンを塗っておきましょう。

②肌荒れ防止のパッチテストを行おう

また、念のために脱色する前にパッチテストを行っておきましょう。

パッチテストとは、予行演習のようなものです。

眉毛以外の腕などの毛を使い、購入した脱色剤を使っても肌荒れしないかテストをするのです。

顔の肌が荒れてしまうと、とても目立ちます。

スポンサーリンク

肌が荒れると、上からファンデーションを塗って隠すことはできません。

ファンデーションは、肌荒れの悪化を招くからです。

面倒に感じるかもしれませんが、パッチテストは面倒くさがらずにきちんと行いましょう。

③a剤とb剤はしっかり混ぜよう

脱色剤によりますが、ものによってはパッケージの中に2種類の脱色剤が入っており、使う直前に混ぜるものがあります。

そのような脱色剤の場合は、しっかり混ぜるようにしましょう。

中途半端に混ぜた状態で眉毛に塗ってしまうと、色ムラや肌が荒れる原因になるからです。

特に、混ぜ合わせる棒が綿棒など細いものの場合は、混ぜ残りになりがちです。

ですので、脱色剤を混ぜるときは、しっかりと混ぜるようにしましょう。

④はじめての脱色は、根本までしっかり脱色剤を塗るようにしよう

脱色を初めて行う方は、眉毛が黒いことがほとんどですよね?

その場合は、できるかぎり毛の根本まで脱色剤を塗るようにしましょう。

眉毛の根本は、塗り残しが起きやすく、塗り残しがあると黒く残ってしまうためです。

ただ、眉毛周辺の肌は薄く荒れやすいですので地肌につかないよう慎重に塗ってください。

⑤危険!脱色剤を目に入れないように注意しよう!

眉毛脱色をする上で、1番注意するべきことは「脱色剤を目に入れないこと」です。

これは、本当に危険な行為です。

万が一、目に入ってしまた場合は、脱色をすぐに中止し眼科に行きましょう。

⑥色ムラ防止!ラップやコットンを使うようにしよう

脱色剤を眉毛に塗ったあとは、上からラップやコットンをのせましょう。

これをすることで、脱色剤が眉毛全体に行きわたり色ムラを防ぐことができます。

また、ラップやコットンは、液だれ防止の役割もはたしてくれますので肌荒れ防止にも繋がります。

⑦どんなに長くても15分で洗い流そう!

脱色剤を眉毛に塗ってから放置する時間は、長くても15分です。

長くても15分以内に洗い流すようにしましょう。

よく「しっかり脱色したいから」と長時間脱色剤をつけたままにする方がいますが、それは逆効果です。

どんなに敏感肌用と謳っていても、長くつけ過ぎると必ず肌に悪影響があります。

眉毛の色が変わっても肌が荒れた状態では、意味がありませんよね。

ですので、脱色剤を眉毛に塗ってから放置する時間は、長くても15分以内が原則です。

また、脱色剤をオフするときは、ティッシュなどでふき取るだけでなく、水やお湯でしっかり洗い流すようにしましょう。

 

透明眉を維持できる脱色する頻度と時間の正しい目安は?

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

①透明眉を作れる脱色時間の目安とは?

脱色時間の基本は、購入した脱色剤の取扱説明書に記載されているルールを守るようにしましょう。

また、共通して言えるルールとしては、脱色時間は長くても15分以内です。

20分以上脱色剤をつけたまま放置すると肌が荒れてしまう可能性が高くなりますので、注意してください。

②脱色後、透明眉を保つことができる期間と脱色を行う頻度とは?

一度眉毛脱色を行うと、約2週間~3週間もつと言われています。

この期間には、個人差がありますので、脱色日をメモしておき自分のルーティーン期間を知るようにしましょう。

ちなみに、眉毛が生え変わる期間は、2カ月~3カ月と言われています。

 

失敗しても大丈夫!脱色し過ぎてしまった場合の対処法とは?

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

眉毛脱色が初めての場合、「色が抜けすぎてしまった…」なんて失敗もあるかもしれませんよね?

そんな場合でも、大丈夫です。

慌てず下記のような対処を行ってください。

①眉マスカラを使い色をカバーしよう

自分の髪色に近い眉マスカラを使い、眉毛に色をプラスすることができます。

眉マスカラは、手軽に眉毛の色をプラスできるとても便利なアイテムですね。

②髪染剤を使い、眉毛を染めてみよう

眉毛の色が抜けすぎた状態は、逆に言うと色が入りやすい状態です。

そのため、白髪染めなどで色をプラスすることができます。

この方法は、自分で髪の毛を染め成功した経験がある方におすすめです。

髪染剤を使い慣れていない方は、失敗しがちですのでおすすめはできません。

 

男性必見!メンズが眉毛脱色を行うときの注意点とは?

眉毛を脱色・ブリーチする7つのコツとおすすめ脱色剤とは?

あなたが男性の場合、「男性の場合、女性とやり方が違うのでは?」と疑問に思うかもしれませんよね?

ですが、男性が眉毛脱色を行うときも、注意点は基本的に女性と同じです。

ただ、男性の場合、脱色剤を雑に塗ってしまう方がいるようです。

「脱色剤を雑に塗る=色ムラができ肌荒れに繋がる」

こうなってしまいますので、良いことは1つもありませんね。

もし、あなたが不器用だと自負があるのなら、自分で眉毛脱色をするよりも、美容室などでプロに行ってもらうことも1つの方法です。

 

まとめ

いかがでしたか?

眉毛脱色は、定期的に行っていく作業です。

ですので、コツを知り手軽に済ませる方法を知っておきたいものです。

また、眉毛脱色のコツを掴むと、自然な透明眉毛を手に入れることができ、あか抜けた印象を手に入れることができます。

ルールさえ守れば、肌荒れや色ムラを起こさず、モデルのような透明眉毛に仕上げることができますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

他にこんな記事も読まれています

-おしゃれ眉毛
-,

Copyright© オシャレ眉毛の作り方・整え方まとめ30選 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.