眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

更新日:

眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

みなさんは、眉毛を整えるとき剃っていますか?それとも抜いていますか?剃っているという方の中には、眉の半分がない方や全剃りしているという方もいると思います。

確かに、眉を全部剃ってしまってもアイブロウで描けば問題ありません。しかし、描いた場合には汗などで簡単に落ちてしまう可能性があります。

ここでは、眉毛を全剃りするメリットや眉毛のお手入れ方法と注意点についてご紹介していきます。

 

眉毛を全剃りすると眉毛が自在に描ける!

眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

全剃りしたときのメリットは、何と言っても眉毛を自在に描けるようになることです。

眉毛は、太さや形で顔の印象が大きく変わるので、その日のTPOや気分に合わせて自分で自由に描くことができます。

そして、今全剃りする女性が増えていると言われています。それは眉毛の位置を下げるためです。

一度全部剃って眉毛の位置を下げ、アイブロウで描くことで、外国人風の彫りの深い顔立ちにしたいという方が増えているのです。

確かにこの方法だと、整形をしなくても誰でも簡単に雰囲気をガラリと変えることができます。ある意味では、自分でできるプチ整形と言ってよいかもしれませんね。

 

流行眉毛を簡単に作ることができる

眉毛の太さや形の流行は、シーズンによっても変わることがあります。よく芸能人の眉はお手本にされることが多く、細眉や太眉、困り眉などこれまでもさまざまな流行の眉がありました。

こうした流行に敏感な女子は、その都度自分の眉を流行の眉にしようとしますが、このときに全剃りだと簡単なのです。

通常、眉毛は眉山に向かって上がっていますが、最近の流行は平行になっていたり、逆に下がっている眉です。

もし、部分的に剃っていたり抜いている方だと、元の眉の形からこうした流行の形にするのは少々難しいですが、全剃りならアイブロウ1本あれば自分で思いどおりに描けるのです。

 

全剃り眉毛のデメリットとは?

眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

では、こうしたメリットがある一方で、デメリットはあるのでしょうか?全剃りするデメリットは、冒頭でもお話しましたが、まず汗などで簡単に落ちてしまうことです。

いくら濃く描いても、前髪が触れていたり仕事をしていると、知らず知らずのうちにだんだん落ちてきてしまいます。

眉毛がない顔は、怖い印象を与えてしまうので、こまめに化粧直しをすることが必要です。

また、全剃りするとどうしても剃った部分の肌が青っぽく見えてしまい、不自然に見えることがあります。特に、元の眉よりもだいぶずれた位置に眉を描いている方は目立ちやすいようです。

 

全剃り眉を綺麗に見せる方法

眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

眉毛を全剃りした場合でも、きれいに見せる方法はあります。まず、アイブロウで描くときにはなるべく水や汗に強いウォータープルーフタイプのものを使うことです。

ペンシルやリキッドにはこうしたタイプのものがあるのでそれを選ぶとよいでしょう。パウダーのものはすぐに落ちてしまうので、全剃りした方にはおすすめできません。

また、眉を描いたらコンシーラーで周りの皮膚の青く見える部分を隠すことで、より自然な眉に見えます。

 

イメチェン好きには全剃りがおすすめ!

眉毛を全剃りするメリットは?全剃り眉毛のお手入れ方法と注意点

全剃りをすることは勇気が要ると思いますが、いざやってみると楽なことも多いでしょう。特に顔の印象を変えたいと思っている方にはおすすめの方法です。

きちんとメイクでカバーすれば、自然に印象を変えられるので、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

引き続き、「オシャレ眉毛の作り方・整え方」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-おしゃれ眉毛

Copyright© オシャレ眉毛の作り方・整え方まとめ30選 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.